SOLUTION

ヘアスタイルの立体感は、前髪の作り方で決まる!
ヘアスタイルに必要なのは、360度どこから見ても美しい立体的なシルエット。その立体感を作るには、実は前髪が大きな役割を果たしています。どこまでを前髪ととらえ、カットしていくのか? MAYUMIデザイン整形カットではこの点に大きな特徴があります。

BEFORE

従来は頭をフロント、サイド、バックでわけて切るため、頭の形が四角形になりへアスタイルも角ばった印象になりがちです。

AFTER

MAYUMIデザイン整形カットでは、円に限りなく近い8角形で頭の形をとらえるため、丸みあるきれいな立体シルエットが生まれるというわけです。

カット

カット前
カット前はぺったりと四角いシルエット。

カット後
カット後は丸みを増し、首元でくびれができる理想の卵型に変化しています。ツヤの差も歴然!

BACK

Before

After

SIDE

Before

After

フェミニンイメージ

ふんわりカールで空気感を感じるヘアに
MAYUMIデザイン整形カットで、丸みを帯びた卵型シルエットが実現。さらにエアリーに見せるコツは、内巻きのカール。クセ毛の方はCカールで軽く巻くだけ。直毛の方はパーマをかければドライヤー&手ぐしセットだけでナチュラルカールが手に入ります。
ファッション
首元にかかるミディアムヘアは、ヘアの空気感を生かすため衿の大きく開いたトップスが相性◎。ヌーディカラーでも、パイピングデザインでメリハリをつければすっきり印象に仕上がります。
メイク
優しげなヘアスタイルに合わせるため、アイブロウはなるべくナチュラルに。眉尻を濃く、眉頭に向かって薄く自然に見えるよう毛を立たせながら埋め込むように書くのがコツ。リップはラインを引かず、唇中央にリップをのせて指でポンポンと広げると主張しすぎず決まります。

クールイメージ

ポンパドール風ハーフアップで“よそいき”風
分け目を逆に変えるだけでも簡単に印象チェンジできます。左から右に毛を流し、ふんわり空気を入れてから後ろ髪をハーフアップ。無造作にピンで何箇所かねじって留めるだけで完成です。前髪を残しておけば、品のよさもしっかりキープ。
ファッション
より華やかさを重視するなら、シックな印象に仕上がる黒をチョイス。コットンより、質感でフォーマル感が高まるシルクやシフォンがおすすめです。縦に深く開きがあるデザインなら、首元が詰まらず丸顔の方もスッキリ。
メイク
キリッとした目元を作るには、よれやすいアイラインではなくつけまつ毛が簡単です。目力を上げるため1/3にカットして目尻にのせればOK。アイシャドウは肌の色になじみつつ深い彫りを作るブラウン系のグラデーションで。チーク代わりに濃い色のファンデーションをのせて立体感をプラスします。

担当:MAYUMI
MISS ESSENCE オーナーMAYUMIのカットを是非ご体感下さい。

MISS ESSENCEの技術を受け継いだスタイリスト

表参道店

店長/スタイリスト
西川 耕弘

指名して予約する

詳しく見る

スタイリスト/
スパリスト
大橋 一史

指名して予約する

詳しく見る

名古屋店

人材育成部部長 /
ディレクター
早川 将史

指名して予約する

詳しく見る

チーフ/ディレクター
黒木 初江

指名して予約する

詳しく見る

店長
スタイリスト
大前 裕康

指名して予約する

詳しく見る

スタイリスト
竹下 皓之

指名して予約する

詳しく見る

髪のお悩み解決一覧

髪の傷みが気になる方

詳細を見る

クセが強くて扱いづらいと思い込んでいる方

詳細を見る

イメージチェンジしたい方

詳細を見る

似合うボブを見つけたい方

詳細を見る

おしゃれなママに見せたい方

詳細を見る

パーマに良いイメージが持てない方

詳細を見る

横顔を若く、キレイに見せたい方

詳細を見る

ボリュームを出したい、絶壁が気になる方

詳細を見る

髪の毛が細く、ボリュームが出にくい方

詳細を見る

ショートヘアが似合わないと感じている方

詳細を見る

老けて見られてしまうことが多い方

詳細を見る

襟足の毛が浮いてしまう方

詳細を見る

左右のバランスが悪い方毛先がハネやすい方

詳細を見る

髪が細い方

詳細を見る

髪をそがれて傷んでしまった方

詳細を見る

長さをあまり変えずに印象チェンジしたい方

詳細を見る

毛が多く、広がってしまう方

詳細を見る