新卒・中途採用受付中

愛心技美

愛のある心の技は、美容の道なり

すべてのお客様を美しくする使命
私たち”MISS ESSENCE”は、
日々感性の向上を目指し、
を追求するプロ集団でありチームである。

MAYUMIが語るミスエッセンス

MAYUMIが語るミスエッセンス

〔ヘアデザイナー:最先端モードファッションの感性を養う〕それがMISS ESSENCE。東洋人の骨格に似合わせるカットの先駆けとして開発した、オリジナルの「小顔ツヤカット+頭蓋骨修正カット」。これは、お店にいらっしゃるすべてのお客様のニーズから発掘したデザインカットです。このカット技法は、全国の美容室経営者・店長クラスの美容師さんからも興味・関心を持っていただき、現在、東京の有名店も含め講師として指導。その他、セミナーや講習会、国内外からのオファーで各国のヘアショーに参加し、プロ集団として美の追求をしています。MISS ESSENCEスタッフの共通点は「使命をもってキレイを叶える」こと。そのために、自己プロデュース力、メンタル、心を高めあうことをお互いに意識しています。新人のみなさんへの指導には、わたしはもちろん、選び抜かれたスタッフから成り立つ教育チームが入り、みなさんが1日も早くスタイリストデビューを目指せるよう環境を整備。現在は、マンツーマンの直接指導以外に、SNSを活用した英才教育講座も、全スタッフ共通で実施しています。技術以外にも、五感を養う教育にも重きをおいています。 ※全スタッフに「iPad」を導入

【作品の主な掲載実績】
《一般誌》GINGER/HBR/STORY/WWD Beauty/25ans/MISS/anan/hanako/sweet/ar/JJ/大人の名古屋《業界誌》BOB/しんびよう/NEXT LEADER/美容と経営/TOMOTOMO/ocappa/PREPPY/リクエストQJ/美容文化《書籍》『輝け!サロン全員参加!心の経営』『輝け!スタイリストハイパフォーマーの働き方』『心の経営の時代 リーダーの条件』『店販の達人』『お客様との絆を深める本』『サロンをパワーアップするスタッフ強化特訓キット』伊藤 豊著

《MAYUMIプロフィール》
1988年、名古屋市内に「MISS ESSENCE」を設立。 その後1994年、東京青山に「LaForma」を設立。1998年、テレビ東京「TVチャンピオン全国美容選手権」で二度優勝。以来、TV業界・一般誌・業界誌から注目を浴び、多数出演。全国ヴィダルサスーン杯、JHA等数々のカットコンテストにて受賞。第8回ミセス日本グランプリ本選大会では審査員を務める。また、ファッションにも精通しており、トータルアドバイスを求めて通う顧客が国内外問わず多い。近年では、依頼を受けロサンゼルス・韓国にてヘアショーとカットセミナーを開催。大盛況をおさめる。2014年、アジアビューティーエキスポで『今、一番光っている女性スタイリスト』に選ばれ、セミナー講師を務める。2015年、日本経済新聞『つやのある髪手に入れたい』に掲載。BS JAPAN『プラス1をみよう』に出演。全国にてセミナー・カット講習・オーナーや店長クラスの英才教育を500本以上務める。そして、業界内では似合わせの女王と呼ばれている。

ミスエッセンス3つの価値観

美しいデザイン・フォルムは、髪本来の美しさがあってこそ成り立ちます。これはMISS ESSENCE創業からの定説。素材美にこだわるからこそ、ヘアケア剤を商品化しました。ヘアエステ、全身エステのメニューも、一時的に外見だけを美しくすることではなく、さまざまな医学に基づき、体の真の素材を美しく。MISS ESSENCEのトータルビューティーは、ヘアも含めこだわり抜いています。

それぞれに似合わせるためのキーワードは「曲線」。個々の頭蓋骨の形に合わせた「丸み」がパーフェクトなヘアスタイルを実現させます。その定義をもとに独自開発した小顔ツヤカット、頭蓋骨修正カットなどのハイクオリティーなカット技術は、MISS ESSENCEだからこそできることです。

MISS ESSENCEは、モード系(常に一歩先を行く新しいもの)。MISS ESSENCEのカットはすべて、オートクチュール(ハイクオリティーなオーダーメイド)。つまり、時代の変化を楽しみながら常に流行にマッチしたスタイルを発信。すべての美しさの定義をまとめた1冊が「綺麗をかなえる法則」。MISS ESSENCEのすべてが詰まったバイブルです。

MAYUMI著書 髪書房より出版『綺麗をかなえる法則』
全国の美容師、顧客に大人気のカット本は店内でも発売。

MAYUMI著書/髪書房 『MAYUMI CUT』
カットが苦手なあなたでも!リピート率 “3割UP”カット
「小顔で卵型」はボリュームの位置と前髪でつくる 単行本第2弾!

ミスエッセンス3つの価値観

効率的に学べる技術教育。
1人1台iPadを導入。ネットを活用した教育環境も充実。

技術の練習は、集中することができる朝にすることが多く、夜はiPadを使って時間を有効的に使えるようにしています。iPadでの教育方法は、技術を見たいときに見れる動画や写真、練習内容をネット上で確認することで、青山・表参道店と栄・名古屋店の技術の統一をはかっています。 このように、効率的に学べる環境を整えることで、スタイリストデビューのカット代7,020円を頂く技術力と人間力を育みます。 MISS ESSENCEのトータルビューティーは、ヘアも含めこだわり抜いています。

社会保険完備はもちろん、 結婚・出産後も働ける環境作り。
女性の多い職場として、代表が女性だからこその労働環境。

代表のMAYUMIが女性だからこそ、女性が働きやすい環境作りに力を入れています。 結婚・出産後も仕事を続けられるよう、出勤スケジュールを調節したり、育児と仕事の両立を応援できる仕組みがあります。 MISS ESSENCEのトータルビューティーは、ヘアも含めこだわり抜いています。

独自のオリジナルカットとブロー技術。
お客様の悩みを解決する、世界規模で支持を得ている技術。

ミスエッセンスオリジナルの頭蓋骨修正カット・小顔ツヤカットは、東洋人の頭の形(後頭部絶壁・はち張り)を西洋人の頭の形にするカット技術。お客様の頭の形を理想のフォルムへと導きます。 国内だけでなく、海外でも高い支持を得ている、ミスエッセンスが独自開発したカット技術です。

ボランティアへの取り組み
月1回のボランティアカットで、まるで美容室のように。

いろいろな理由があって児童養護施設に入所している子ども達は、愛知県だけでも約1,000人。
その中で、美容室に通うことができる子どもは多くありません。そんな子ども達に、まるで美容室にいるような、ワクワクした気分を味わってほしいという思いで、愛知県の児童養護施設に月に1回訪問し、ボランティアカットをしています。

ミスエッセンス3つの価値観

コンテストへの参加、撮影・ヘアショー…と、サロンワークとは別に独自の感性を活かした作品づくりで個々の感性を豊かに表現します。感性を磨くことは、日頃のサロンワークにも影響してきます。プロカメラマンから直接指導を受ける機会もあるので、さまざまな角度からのアドバイスを聞くことができ、成長することができます。

ミスエッセンス3つの価値観

確実なカット技術を身につけてもらえるようにカリキュラムを組んでいますので、みなさんは自信を持ってデビューすることができます。 「どのように組んだらより効率よくしっかり学んでもらえるのか?」を軸に、教育チームがカリキュラムを吟味。 このカリキュラムをベースに、個々の目標を定めていき、練習を進めます。 指導はMAYUMIはもちろんのこと、第一線で活躍する先輩が担当。特に技術にこだわりたい人には、最適な環境です。 現在は1人に1台iPadを導入し、全スタッフがインターネットを活用してのeラーニングも実施。 スタッフは課題に対する作品をSNS上にアップし、MAYUMI・先輩・同僚が、その作品に対してのアドバイスや意見を出します。 それを名古屋店・表参道店のスタッフ全員で共有しています。

スタイリストデビュー カリキュラム

スタイリストデビュー カリキュラム

自社アカデミー

MISS ESSENCEは「技術に自信を持った美容師になりたい」という人にとって、絶好の職場環境です。営業時間中にトレーニングが行える自社アカデミーを完備し、入社後3ヵ月間はそこで集中的に練習を行います。営業時間を利用することで早く技術習得することができ、現場で活躍できる美容師を早期育成します。

キャリアアップ

MISS ESSENCEでは、スタイリストデビュー後も更なる高みを目指します。デザイナーとしてのステップアップはもちろん、管理職として会社・社員のマネージメントに携わる道もあります。また、エステティシャンやアイラッシュデザイナーなどの専門職への道もあります。

キャリアアップ

キャリアアップ
キャリアアップ

トータルビューティー

創業以来、ヘアーとエステのトータルビューティーを掲げています。MISS ESSENCEのこだわりは髪の毛だけでなく、「本当の美しさは内面美・素材美から生まれる」をコンセプトに、体内からよりキレイにすることを目指しています。

ESTHETIC

オールハンドの手技をメインに、お客様の状態に合わせてフェイシャル・ボディを若々しく健やかな状態に導きます。オールハンドはお客様に気持ちも伝わり、心からの癒しを提供できると考えます。
常に新しい技術や商品を提供できるようアンテナを張り、お客様に美容を楽しんでいただけるよう心掛けています。

ESTHETIC

EYE BROW

多くのハリウッドスターを顧客に持つメイクアップアーティストのスミタ・バトラ氏が発案した技法「スレッティング(糸脱毛)」を導入。
海外でも人気の高いこの技術を習得し、MISS ESSENCEの眉毛デザイナーとして、お客様だけの似合わせ美眉毛を提案しています。

EYE BROW

EYE LASH

お客様一人ひとりの目元を美しく輝かせるため、当店オリジナルのまつげデザインを提案しています。
目元エイジングなど各年代に合わせたデザイン提案はもちろん、肌の弱い方やアレルギーの方でも安心してご利用いただけるよう、商材選びにもこだわっています。

EYE LASH

職種

HAIR

アシスタント/メインアシスタント

入社からスタイリストとしてデビューするまで、アシスタントとしてサロンに出ます。
主にシャンプーやブローなどの業務をメインで行います。

スタイリスト/ディレクター/アートディレクター

全てのオーディションに合格すると、スタイリストとしてデビューし、お客様のカットに入れます。
指名のお客様が増えると、ディレクター、アートディレクターに昇格します。

カラースタイリスト/カラーディレクター

カラーに特化した専門のスタッフで、カラーに関する知識と技術を身に付けます。
入社から3年目以降に、スタイリストかカラースタイリストを選択することができます。

ESTHETIC

エステティシャン

フェイシャルからボディまで全て行います。
オールハンドのメニューから最新機械を使用するメニューまで、本格エステサロンのエステティシャンとして施術を行います。

EYE LASH/EYE BROW

アイラッシュデザイナー

アイラッシュ(まつげエクステ)に特化した専門のスタッフです。
お客様の瞳や肌の色・パーソナルカラーの似合わせなどトータルビューティーをプロデュースします。

眉毛デザイナー

アイブロウ(眉毛)に特化した専門のスタッフです。
スレッティング(糸脱毛)技術を身に付け、お客様に似合う美眉毛をプロデュースします。

EVENT MISS ESSENCEでは、1年を通して様々なイベントを行っています。クリスマス・ハロウィンのコスプレ営業や社員旅行、食事会など、ONもOFFも常に全力で取り組みます。
EVENT

MISS ESSENCEでは、1年を通して様々なイベントを行っています。クリスマス・ハロウィンのコスプレ営業や社員旅行、食事会など、ONもOFFも常に全力で取り組みます。

ピックアップスタッフ

黒木 初江

CHIEF【黒木 初江】

美容師にはアシスタントの下積み期間があるため、「なんだか大変そう」だというイメージを持たれることもありますが、これから始まる長い美容師人生で考えればその期間はたったの1割くらいです。
その期間にどれだけ多くの経験を積み、チャンスを掴むかによって、その後の美容師人生がとっても大きく変わります。

スタイリストがスタートではなくて、「美容師になりたい!」と思った時から美容師人生は始まっています。想いと行動次第で、なりたい自分になれるんです!
カッコよく、可愛いく、美しくあり続けられるのは、お客様も私たち美容師も一緒であるというところがこの仕事のステキなところだと思います。

お客様のライフスタイルの一部に関わることができる、お客様から「あなたに出会えて良かった」と言っていただけることが、美容師としての一番のやりがいです。

竹下 皓之

STYLIST【竹下 皓之】

MISS ESSENCEには、スタイリストになるために3~4年かけてじっくり学ぶカリキュラムがあります。他の店に比べると少し長いかもしれませんが、本人の努力次第で短くすることもできます。僕はこのじっくり学ぶ期間があったからこそ、自信を持ってスタイリストデビューすることができたと思っています。

これからの時代、今よりもっと少子高齢社会が進み、お客様は自分より年上の方が多くなります。大人の女性は、質の高い接客と技術を求められます。それに応えられる本物の技術と接客、最先端の美容の情報を学べるMISS ESSENCEは、スタイリストになっても常に成長することができるとても魅力的な会社です。

また、後輩思いの優しい先輩がたくさんいるので、始めは社会人として不安な事も多い中、大きな心の支えになってくれます。
練習は先輩が必ず見てくれるので、分からないところをすぐに解決でき、安心して練習に打ち込むことができます。

緑川 初音

CHIEF【緑川 初音】

私がMISSESSENCEに入社した理由は、自分自身のコンプレックスによるものです。ずっと頭の形で悩んでいた私にとって、西洋人のようなキレイな頭の形に見えるカット技術はまさに神業だと思いました。そして、代表のMAYUMIにカットしてもらった時に感じた「新たな自分に出会えた!」という感動は今でも忘れません。
だから私は、将来そんな風に「お客様に感動を与えられる美容師」になるため、MISSESSENCEで毎日練習を頑張っています!

牧野 佐知子

CHIEF【牧野 佐知子】

私がMISSESSENCEに入社した理由は、美容業界の第一線で活躍している代表のMAYUMIに憧れていたこと。そして、サロン見学へ行った時に、サロンやスタッフの雰囲気が自分に合っていると思ったことです。
入社したばかりの頃は、分からないことだらけで何もできませんでしたが、先輩からの指導によりできることが増え、だんだん仕事が楽しくなってきました。
食事会やイベントもたくさんあり、スタッフ全員で盛り上がれるMISSESSENCEのこの雰囲気が私は大好きです!

寮

自社アカデミーの向かいに寮(1人1部屋、バス・トイレ別)があります。
名古屋店から自転車で約10分の距離にあり、月3万円未満で住むことができます。
また、自社アカデミー施設では栄養バランスを考えた手作り料理が食べることができ、アシスタント時代も心身ともに健康でいられるよう配慮しています。

Q&A

Q.MAYUMIさんはお客様との会話はどんなことを話しているのでしょうか?女性とお話することについて、失礼がない内容にしたいと気をつけていますが、日々どの様な事をお話ししていったらいいでしょうか。

A.お客様との会話は特に、新規のお客様には 似合う髪型や、トレンドの髪型、綺麗になるための髪のお手入れなどアドバイスしたり、お客様の日頃のお手入れで必要なアイテムをアドバイスして、商品のご紹介をするなど話さなくていけないことがいっぱいあります。
ですから、MAYUMIは基本的には、プライベートの日常的な会話はしません。ただし、お客様から話かけられたら日常的な内容のお話もいたします。それは接客業としては当然の気遣いですね。

Q.スタイリストになる為に、カットの練習をしております。真由美さんはどの様な練習方法をしておりましたか?アドバイスを頂けたらと思います。

A.MAYUMI:ワンレン、グラデーション、レイヤーの3つの切り方しかないので、パネルをどう引き出して切ると、髪がどう落ちて、結果としてどういうシルエットになるかを明確にイメージできるようになるまで、ウィッグでカットを練習しました。 「どう切るか」ではなく「どうカットして、どういうシルエット!!を作るか」という意識を持ちましょう。

Q.例えば、お客様からミディアムにして欲しいと頼まれたとき、ショートの方が似合うのにと思う時があります。こんな時MAYUMIさんはどのようにカウンセリングされていらっしゃいますか?

A.まず、長さは絶対!にお客様の好みを最優先します。
そして、お客様と相談しながらさらに念入りに確認しつつ「1センチカットしてほしい」と要望されても、いきなり1センチは切らずに5ミリカットしてお客様に確認するというように、兎に角アウトラインはご要望よりも長めにカットしていきます。
例えばお客様に「5センチぐらい切って欲しい」といわれても、実際5センチカットしたら「短すぎる」と言われてしまうことが多々あります。そうなってしまったら手遅れです。お客様は不満を感じてしまい、美容師の最大の過失になってしまいます。
お客様がおっしゃる5センチぐらいというのは、イメージでしかありません。実際には、3センチくらいなど長めにカットして、イメージをすり合わせながら様子を見ていきましょう。
長ければカットし直せばいいのです。お客様に「短すぎる!」と言われてしまうという最悪な事態にならないように、アウトラインには最大の注意を払いましょう。特に男性の美容師さんはカットが好きで、お客様を短くカットする傾向があるように思います。髪は一本一本に魂を込めてカットしてほしいと願います。
ショートがお似合いになられるお客様がミディアムをご希望なら、時をかけて[なぜショートが似合うのか?]の理論をお話して、いつかショートにも挑戦してもらえるようお客様との信頼関係を築くことが大切です。なぜその髪型がお客様に似合うのかを、お客様の骨格・髪質・はえ方・顔の形・首の長さ・身長を把握した上で理論的に説明(いわゆるカウンセリング)できるように勉強と訓練が必要なのです。
お客様に喜んで頂くことが私たちの最大の仕事です。仮に似合うと思ってもお客様の気持ちを最優先させ、その上でお客様に一番似合う[シルエット]にして差し上げることが、忘れてはならない私たち美容師の使命なのです。

Q.MAYUMIさんは1人につきどのくらいの時間でカットしていますか?もっと早くカットできるようになるには、どんな練習や取り組みをして行けばいいでしょうか?

A.毎月ご来店する、髪型の変更のないお客様は、10分。
2ヶ月、3ヶ月と、間があけば、15分ほど。髪が多いお客様なら、20分位でしょうか。
ロングからショートというように髪型のスタイルチェンジをする場合は、20分以上かかる場合もあります。
お客様には、MAYUMIのカットは丁寧で早いとおっしゃっていただいています。その理由は、「設計図(切り方)」をカットする前からしっかり描いているので、カットしながら迷わないからでしょう。
カットを早くするには、まずカットの基本をしっかり練習し、次にスタイルの勉強をして、お客様に似合うように提案したデザインをイメージ通りにカットできるよう、ひたすら練習をすることしかありません。
一流の仕事は「丁寧で早い」のが当たり前です。この当たり前のレベルをアップし続けるのがプロだと思います。MAYUMIも一流を目指し、日夜精進するしかないと今もなお努力をしてます。
一生懸命、一途一心であることが大切です。

Q.お客様が求めているヘアスタイルや、知識、接客、など色々あると想いますが、世代別にどのようなアプローチをお客様にかけて行ったらいいのか、アドバイスを頂きたいです。

A.MAYUMIの培った今までの経験で、世代別にお客様の心理分析をすると・・・
[20代中盤までのお客様]
ご自分がなりたいヘアスタイルやヘアカラーを願望される傾向が強いです。たとえプロからみて、そのお客様に似合わないヘアスタイルやカラーを希望されても、若くて何事も経験してみたい、やってみたい夢願望が強いので、プロとして似合わない理由やヘアダメージをアドバイスしながらも、希望されているスタイルを叶えてあげることが、お客様の満足度が高くなります。

[20代後半〜30代後半のお客様]
この世代が一番のファッションリーダー。まだまだ、老化も少ししか感じないから、幅広くおしゃれを楽しめる年齢。また、ファッションに対して自分のポリシーがある世代でもあります。仕事においてもキャリアを積み、自分に自信を持っているので、美容師にはプロとしての実力をより求める年代です。
その反面、仕事、結婚、出産、育児、また離婚などを経験する人も多く、精神的に不安定になりやすい年代でもあります。20代中盤までは、周りの友人との生活環境にそれほど大きな違いはないですが、20代後半からはさまざまな環境に違いが出てきます。そういったことも精神的に不安定になる大きな原因の一つです。だからこそこの年代のお客様には、店長やオーナーなどお店で一番実力があり、人間としても経験値が高い人が担当するべきだと思います。
また、リピートして頂けたらお友達をご紹介していただける可能性も高いでしょう。

[30代後半〜40代後半]
この年代のお客様には、時間、料金提示をしっかりすることを特に心がけましょう。仕事と家庭との両立など、公私共に忙しく時間に余裕がなくなりやすい年代ですから、終わる時間の提示を前もってお伝えしましょう。また、独立やマイホーム購入など、なにかと大きな出費も多くなるので、メニューの料金提示を事前にしっかりと確認させて頂くことも大切です。

[40代後半〜50代後半]
老化をひしひしと感じ、毎日悲しむ年代です。ヘッドスパやアンチエイジングメニューをオススメして、いつまでも女性として綺麗に楽しんでもらうお手伝いをしましょう。

[50代後半以上]
人として、立ち居振舞いをしっかりと教育された美容師を好みます。大人のお客様に愛される美容師を目指せば、技術と人間性を高められるのです。日々成長できるように努めましょう。

Q.スタイリスト1年目ではどんな勉強をしたらいいですか?

A.スタイリストをデビューしたからといっても、すべてにおいてまだまだ未熟。
色々な分野の技術、デザイン、カット、カラーの勉強をもう一度見直して、より感性豊かになるよう、さらに練習時間を増やすことをオススメします。 スタイリストになるとアシスタント時代のような練習をしなくなる人が多いですが、逆にもっともっと練習して技術を磨いてください。また、勉強する幅を深く広く、もっと視野を広げ、よりお客様に愛される人間力を付けましょう。
また、自分のお客様の人数を増やしていくために、具体的に目標を立てて、結果を出すための努力をします。目標は数字にしたり、達成したいことを書き出すなど、具体的にすることが非常に大切です。
やっと、美容師としてのスタートラインたったばかり。ここからが美容師人生の始まりです。素直に謙虚に人に愛される努力を続けていってください。

Q.スタッフさんが、お店の雰囲気づくりで取り組まれていることは何ですか?

A.一にも二にも、まずはトイレ掃除に命をかけましょう!
水滴1つでも手荒い場に残っていないくらいに、スタッフにはいつも教育しております。お店の雰囲気づくりは、トイレから始まるのです。また音響やお客様にお出しするお茶などもこだわっています。私にとってオススメの曲はラウンジミュージック、お茶はオリジナルハーブティーをご用意していますよ。
さらに重要な物はスタッフの仕事着です。素敵な空間を演出するには、スタッフ一人一人がおしゃれではなければなりません。どんなに内装がおしゃれでも、そこで働くスタッフがおしゃれでなければ、お客様に信頼していただけるようなお店の雰囲気はつくれません。お店の雰囲気は働いているスタッフが作るものですから、ファッションにはとことんこだわって、おしゃれになりましょう!
そして最後に、絶対になくてはならないのは笑顔です!笑顔と、気配りが出来るということは、お店の雰囲気づくりに大切なことですよね。

Q.いつも素敵なマユミさんのファッションコーディネートについて、こだわりと気をつけている事を教えてください。

A.自分の体型の長所を生かし、短所をなるべくカバーできる様に、”髪型から靴にいたるまでのトータルバランス”のコーディネートを心がけています。
色使いもとても重要です。特に顔回りはカラーコーディネートを参考にして、必ず自分の肌が輝く色を意識して選びます。アクセサリーも同様です。
ちなみに、MAYUMI体型を分析すると、
・ 身長が低い
・ 首が長い
・ 肩幅が狭い
・ 腰の位置は高いが下半身が太い、特にひざから下が太い。
このように、冷静に自分の体系を分析し、長所をのばしながら、短所をカバーするために、洋服のデザインや、靴のヒールの高さで全体のバランスを取っていくわけです。
長く生きていると自分のワードロープコレクションが増えてきますので、最新の流行いわゆるモードを必ず取り入れながら、そこに自分の好きな手持ちのアイテムを組み合わせて今季のファッションを演出しています。
もちろんVogue やELLE は必読で、ジャンルを問わずファッション雑誌は目を通していますよ!仕事上、美容師としての自己プロデュースに、ファッションを欠かすことはできないですから。これは、MAYUMIの使命だと思っております。
日常の生活感が出ないようにするために、手足のネイルも怠りません。ミスエッセンスは美顔も痩身もやっておりますので、仕事の一環としてお手入れは欠かせない訳です。MAYUMIにとってファッションコーディネートのすべては、仕事に繋がっているのです。

Q.マユミさんの女子力の源はなんですか?

A.歳を重ねますと女子力などは、どんどんひからび、年々オヤジ化しているのが現状です。歳をとることは悲しいです・・・
しかし、そうとは言ってもMAYUMIは女性を美しくするという使命感を持ちながら生きて行かなければなりませんから、美容整形以外の美顔・痩身・ネイルなど、あらゆる最新のビューティー情報にアンテナを張ってチャレンジしています!このハングリーなチャレンジ精神が、私のポリシーでもある「ファッショナブルに生きる」という姿勢の源になるのです。
MAYUMIの発案した「デザイン整形カット」は、欠点を解消するためのデザインカットですから、ここでもハングリー精神がビューティーの源なんだと言えますね。
もちろんいくつになっても、素直に前向きに、凛として生きたいという願いが、女子力の最大限の源とも言えます。男性と同等に仕事をしているけれど、気持ちは死ぬまで女性であり続けたいと願うばかりです。

Q.サロンワークで着る洋服について、気をつけているポイントはありますか? どの様な服選びをしたらいいのか、アドバイスを頂きたいです。

A.サロンワークでは、なるべく髪の毛がついてもすぐ取れる素材を使います。ニットは毛を取るのが大変ですから。。それでも、覚悟を決めて着るときもありますよ。
と言う事で、モード感を大切に自分が美しく見えるバランスをコーディネートできるように心がけております。毎日仕事のコーディネートをするのがストレス…コレが私の本音ですが、そうとは言っても私たちの職業は、毎日がファッショナブルに自分を演出しなければ行けないプロとしての指名があります。
だから、お客様の信頼感を得る為にも、自己プロヂュースが出来るように日々オシャレであり続けたいです。

Q.お休みは、どの様な事をされているんですか?

A.主にセミナー、講習、カリスの作業もそうですが、雑誌社の撮影をしております。
休みの日に仕事が入りますので、一日休みの日はほとんどないですね。でも、打ち合わせと打ち合わせの合間をぬって、本屋さんに行ったり、映画を見たり、お買い物をしたり、みなさんと同じように自分のための時間を作っています。もし1日ゆっくりお休みがあれば、温泉などにリフレッシュに行きたいです!

Q.マユミさんが必ず持ち歩いている物、マストアイテムを教えて頂きたいです。

A.携帯(ガラケー)、iPhone、このごろは時々iPad、それにすべての充電コード、化粧道具、ハンカチ、ティッシュ、手帳、ペン、リフトアップブラシ、顔のコロコロ、カシミヤショール(寒がり)、名刺というところです。

Q.人間力を高める為に、なにが必要ですか?

A.欠かすことのできない大切な5つをお伝えします。
1.すべての人に優しい心を持つ事
2.すべての人のいいところを見る事
3.本を読む事
4.素直になる事
5.感謝する事

Q.日々、感性やセンスを高める為にしていることや、必要な事を教えて下さい。

A.ご自身で常日頃から、感性やセンスを磨こうと“意識”することから始まります。意識して素直に学ぼうとすれば、吸収力は格段に上がります。イコールあらゆる成長につながります。人間力も感性やセンスが必要ですから!
また、五感を刺激することはとても有効だと思います。日常生活の中でも、五感に刺激を与えるように意識して生活することが豊かな感性を育むことにつながります。いい香りや美味しい食事、アート、音楽、ファッション、周りには五感を刺激する物がにあふれています。こうして意識していくことで、さまざまな事柄に対して、敏感に感じる事ができるようになります。自分の髪や、お客様の髪を触っても敏感であればあるほど、その状態がすぐによくわかりますよね。ファッション誌を読んで勉強するのは当たり前ですが、意識するのと何となくでは吸収が全く違います。あらゆることから素直にノウハウを学び、真似をする事も大切です。

Q.スタイリストデビューから、1年目で100万、2年目で200万、3年目で300万と売り上げをだしている、スタッフさんの教育はどのようにされているのでしょうか?

A.一番大切なことは、スタッフ自身が素直で謙虚になること。次にやり抜く力を時速することなど、日々成長する事が売り上げに繋がります。又、第一印象をよくする、ファッショナブルな服装を心がける、ファッションセンスも美容師としては、一番必要な要素です。ですから、毎日のお店の中の服装はチェックします。
売上をアップさせる具体的なスキルは、単行本~すべてはお客さまの幸せのために~「綺麗をかなえる法則」(髪書房)に惜しみなく披露していますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

Q.カウンセリングについて』の質問です。特に新規のお客様がイメージしているヘアスタイル、そして悩みを引き出すために意識していることを教えて下さい。僕は男なので、女性の視点でどう考えているのかが知りたいです!

A.まず、カウンセリングの前に大切なことは、スタイリストの第一印象なんです。お客様のヘアを委ねていただく訳ですから「この人は信用できるな」という印象をまずもっていただくことが大事。そのためには接客スキルのみならず、日頃からヘアスタイリストとして相応しいファッションを意識することが大切です。第一印象で好感を持っていただければ、お客様はより多くのことを私たちに表現してくださると思います。結果、カウンセリングもスムーズになります。
カウンセリングについては、自分が男性でも女性でも、まずはお客様の求めるスタイルを客観的にとらえることが大切です。
そのために、どのお客様にも共通で確認する「基本的なカウンセリング」とスタイル提案の「デザインカウンセリング」という2つの考え方で進めます。
基本的なカウンセリングでは、まずレングス別のスタイルブックをお渡しします。ここからお客様が今なりたいスタイルにクリップを付けてもらいます。同様に、嫌いなスタイルにも色の違うクリップを付けてもらいます。雰囲気、カラー、前髪など、好きではない要素があれば、レングスは問いません。
スタイルブックをチェックしていただきましたら、その結果をヒヤリングしながらカウンセリングシートに記入していきます。くせ毛や痛みなどのお悩みも詳しく伺います。アンケートは主観を入れず言われたことを忠実に書き留めることが大切です。この段階まではアシスタントでの対応が可能です。
この後、担当スタイリストがデザインカウンセリングに入ります。再度、どのようなスタイルにしたいのかお伺いし、髪質や痛み具合などを触診してチェックしながら、具体的なスタイルを提案していきます。この時、今後トライしたいヘアスタイルもお伺いして、そのスタイルを叶えるための道筋を設計しながら提案することも必要です。最後に鏡の前に移動して、最終的なイメージをお客様と確認します。
スタイルが決まったら、施術に入る前に本日の作業の流れを説明すると信頼感が増します。
カウンセリングはとても重要なポジションで、まだまだ身につけるべきポイントが沢山ありますが、まずはお客様をスタイリスト主観のイメージにはめ込まず、悩みやご要望を客観的にお伺いすることを心がけて、そのための有効なツールを準備しましょう!

会社概要

会社名 有限会社美容室ミスエッセンス
店舗数 2店舗
本社所在地 愛知県名古屋市東区東桜1-1-10
Blossa2F
設立 1988年
資本金 500万円
代表者 山本 真由美
事業内容 美容室の経営
従業員数 22名

募集要項

募集職種 新卒生 アシスタント エステティシャン 中途
資格 要美容師免許、もしくは美容師免許取得予定の方
勤務地 名古屋市東区(久屋大通駅) 東京都港区(表参道駅)
勤務時間 日・祝日 10:00〜18:00
平日 11:00〜20:00
給与 【アシスタント・レセプション】総支給21.2万円(オーディション制 + 交通費支給(社内規定に準ず) + 住宅手当(月1万5000円)
【スタイリスト】総支給22.6万円 ~ 106,5万円(2019年現在の実績) (交通費支給(社内規定に準ず)+ 住宅手当(月1万5000円)+ 技術歩合 + 役職手当)
【エステティック】総支給21.3万円 昇給随時(オーディション制 + 交通費支給(社内規定に準ず) + 住宅手当(月1万5000円)+ 技術歩合
待遇 社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)、社員旅行、寮(栄まで自電車10分)、
海外研修(先輩方が行った国 イギリス・チェコ・ロサンゼルス・フィリピン)、お弁当(1日200円)、
訓練場使用可能、外部講習、撮影、産休・育休制度、保育料負担一部有り、ノルマなし
福利厚生 社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)、社員旅行、寮、海外研修、育児休業
休日・休暇 完全週休2日制(火曜日定休日、他月交替制月曜日 or 火曜日)、夏季9日、正月休み5日、有給休暇、慶弔、年間休日数105以上
応募 まずはお気軽にお電話にてお問い合わせください。※サロン見学も随時歓迎!
連絡先 TEL.052-957-4355/MISS ESSENCE名古屋店
採用担当 山本 恭平

山本恭平

専務/山本恭平

採用担当者メッセージ

MISS ESSENCEのスタイルや技術発信は、東京・大阪・九州などの日本国内だけにとどまらず、海外にも向いています。MISS ESSENCEは「技術に自信を持った美容師になりたい」という人にとって、絶好の職場環境だと自負しています。【スタッフが働きやすい環境を整備していきたい】これが会社の考え。MISS ESSENCEは、近年結婚ラッシュ。『結婚しても働きやすい環境』『出産しても復帰してがんばりたいと思える環境』を、と考えています。目指す労働環境は、一般企業レベル。ヘアスタイルと同じように、時代の流れに合わせ、安心して美容に夢中になれる環境を目指します。

電話でお問い合わせ