PROFILE

荒井 保明
ARAI YASUAKI

7月1日に国立がん研究センター中央病院長に就任し、日本のがん医療のトップに立った荒井保明氏
1952年生まれ。国立がん研究センター中央病院院長/放射線診断科科長。1979年東京慈恵会医科大学卒業後、愛知県がんセンター放射線診断部部長、国立がん研究センター中央病院副院長/放射線診断科科長などを歴任。2012年7月1日より現職。荒井先生が生み出した肝動注化学療法の技術は海外の教科書にも掲載されており、また、同じく荒井先生が開発したIVR-CTと呼ばれる装置は全世界で使用されている。

国立がん研究センター中央病院院長/放射線診断科科長
1979年東京慈恵会医科大学卒業
同年国立東京第二病院内科
1984年愛知県がんセンター放射線診断部
1997年同センター放射線診断部部長
2004年国立がんセンター(現・国立がん研究センター)中央病院放射線診断部部長
2010年国立がん研究センター中央病院副院長/放射線診断科科長
2012年より現職

- MAYUMIさんにカットしてもらった髪に触って、それまでと明らかに違った -
〜荒井 保明〜

- 医師も美容師も1°、1mmの世界で仕事をしている -

- 医師も美容師も技術ともてなしの心が求められている -